service

野口建設がやらない事

営業しない

野口建設に営業マンは、いません。
アポ無しで訪問したり、しつこく電話することはありません。
営業経費削減により、コストダウンも実現。

標準仕様・標準プランを作らない

「標準以外は、オプション」??
野口建設は、どんな仕様にも、対応いたします。
お客様のライフスタイルは千差万別、標準型はありません。
個性的な、世界にただ一つの家を創りましょう。

フランチャイズに加盟しない

加盟することで、個性がなくなるのは嫌です。
家創りは、地場産業だと考えます。
足利・佐野近郊にマッチした野口建設の家を、
社員の創意工夫で、進化させていきます。

家だけ建てて終わりにしない

野口建設は、家をトータルコーディネートします。
建物以外にも、エクステリアや、造園工事も
設計・提案し、見積り・予算組みをしています
野口建設は、ガーデニングも得意分野です。

野口建設がやる事

アフター№1を目指します

お客様との、本当のお付き合いは、住み始めて
から始まると、野口建設は考えています。
毎年11月に無料アフター点検(10年間)を、
実施しています。

一軒一軒、設計・提案をします

お客様の家族構成・個性・考え方
敷地の大きさ・方角・立地条件・道路方向
などの条件から、オンリーワンの家を、御提案
打合せは、何回でもOK

建設中に、最低6回の打合せをします

某ハウスメーカーでは、
着工前に全ての仕様を決定します
当社では、工程に合せて仕様を決定しています。
たとえば、屋根が葺けたら外壁の色決定!
クロスが貼れたらカーテン決定!

総額見積りを、提示します

建物本体・付帯のほかに、照明・カーテン・空調
エクステリア・造園等、全工事を見積ります。
総額を提示するので、資金計画が楽になります。
(借入れに関する費用・保険等は、別途です)

家創りの工程

1.建物のご要望・建設時期・予算等のご相談

当社スタッフまで、お気軽にご相談ください

2.ラフプラン提出

手描き図面で、納得がいくまでお打ち合わせ 間取り決定後、内観・外観のパース提出 家創りで、一番重要な工程です納得いくまで 何度でも。

3.仕様決定後お見積り

見積もり用の仕様を決定します この仕様は、工事中でも変更可能です。

4.ご契約

予算・希望工期等の確認後、ご契約 契約後、建築確認等の申請業務に入ります。

5.着工

お客様と、施工業者・職人の、顔合わせ式。
お客様は、家への想い、 職人は、仕事への意気込みを語り、
共通の目標に向かって工事していきます。

6.建設工事

いよいよ工事開始です。
工程ごとに、最低6回の打ち合わせをしながら、 工事を進めていきます。
どうぞ、毎日でも現場に来て我が家のできる様子を 見てください。
きっと一生の思い出になります。

7.お引渡し

検査後、お引渡しになります。
鍵をお渡しして、取り扱い説明を行います。

8.アフターサービス

これからが当社との本当の付き合いが始まります。
10年瑕疵保証は、当たり前です。
心からの、アフターサービスをしていきます。

技術力

設計力

野口建設の設計力

野口建設の得意な建物は、住宅だけではありません。
歯科医院を、33件
調剤薬局を、14件
飲食店を、約30件
事務所・工場等を、約60件
設計施工しております。
これらの経験・設計力は、住宅にも生かすことができます。
野口建設は、
オールマイティーな技術者集団です。

2×4

2×4住宅の耐震性

阪神淡路大震災で2×4構造の、建物の耐震性が実証されました。震源地に近い神戸には「室戸台風」にも耐えた、大正13年竣工の住宅が実在しています。
ですが、現在の在来工法の建物に耐震性が無いとは、思いません。
震災後、法改正があり現在建てられている在来工法の住宅は、旧基準の建物と比べて、飛躍的に耐震性が向上しています。
よって、現在は、両工法の耐震性の差は、ほとんどないと思われます。

2×4のメリット

野口建設が2×4工法を採用するのは、耐震性の他にも理由があります。それは、気密性の高さです。家自身が面(6面体)で構成されているため、すきま風の侵入や室内の空気の流失が少なく、その構造自体に高断熱・高気密を実現しやすい特色を持っています。そのため、冷房・暖房の効率がとても良く、冷房・暖房費が一年を通じて節約できます。財団法人住宅・建設省エネルギー機構のシュミレーションでは、在来工法に比べて、年間の冷暖房電気消費量が30%近く節約できるというデータも出ており、2X4住宅がより少ないエネルギーで快適な居住空間を実現できることが実証されています。2X4工法は、省エネルギー住宅を実現しやすい工法といえます。

野口建設の考え方

もちろん在来工法で、高気密住宅を作ることも可能ですし、過去に野口建設でも施工しております。
しかし、気密工事のしやすさから、コスト的には、2×4工法のほうが、お得になると判断しております。
よって、野口建設は、2×4工法をお勧めします。
さらに、壁厚を厚くして断熱性を高めた2×6工法も施工しております。

床暖房

蓄熱式温水床暖房

全館暖房設備、先進国では当たり前です。
野口建設は、1階全室床暖房を、ローコストで実現する工法を、18年前に開発いたしました。
モデルハウスに採用されています。

これまでに200棟を超える住宅に採用し、お客様から感動の声が多数寄せられております。
ぜひ、見学会等で体感してみてください。

床下に継ぎ手部分の無いシームレスの専用配管が家中に行き渡ります。温水の熱をモルタルがしっかり蓄熱し、湯たんぽの様な暖かさで全室暖房します。
家中どの部屋に行ってもヒートショックの無い体に優しい温度のバリアフリーを全館床暖房で実現しました。

page top